不妊検査〜月経周期に合わせるスクリーニング検査

男女共に受けるスクリーニング検査

不妊治療の前に行う検査として有名なものにスクリーニング検査があります。

 

 

スクリーニング検査はとても基本的な検査になり、女性では、月経周期によってホルモン状態が変化します。

 

 

これに合わせていくつかの検査を実施するようになります。
まず、月経が始まった時期に、血液検査を行います。

 

 

これは黄体化ホルモンと卵胞刺激ホルモンなどのホルモンがきちんと分泌されているかを検査します。

 

 

その後造影剤を使い、腹部のレントゲンを撮ります。
ここで子宮の状態に異常がないか?卵管詰まりを起こしていないかなどを調査します。

 

 

 

さらに、卵胞が大きくなってきたら、血液検査でエストロゲンの値を測ります。

 

 

エストロゲンとは、女性ホルモンになりますが、卵胞がきちんと大きくなっていないと、濃度が低いままです。

 

 

これに加え子宮けい管から分泌される粘液も増えます。
これらの検査を行った時点で、まずはタイミング法を試すこととなります。

 

 

黄体期に入った場合、血液検査でプロゲステロンがきちんと分泌されているかを調べます。
これと同時に、子宮内膜の厚みを調べます。

 

 

子宮内膜は、基本的には生理のタイミングではがれ落ちて、排卵に合わせ厚みが増してゆくものです。
しかしながら子宮内膜の厚みが増えないといった方もいらっしゃいます。

 

 

 

こういった場合妊娠しにくいとされます。男性における検査では、精液検査が一般的です。
この場合、量、濃度、運動率、奇形率などを調査します。

 

 

精子の異常の多くは、

  • 無精液症
  • 無精子症
  • 精子無力症
など。

 

 

以上のような項目を、月経周期に合わせて約1ヵ月ほど時間をかけながら調べるのがスクリーニング検査です。

 

 

女性の場合は、男性に比べて何度も通院しながらこうしたスクリーニング検査を行う必要があるため、負担が大きいのです。